【2018年3月現在】ベトナム再入国時のアライバルビザの情報

vietnam_eyecatch

sponsored link



今回私はベトナム→カンボジア→ベトナムという旅程を10日間で楽しんだのですが、ベトナム再入国時(前回出国から30日以内の入国時)にアライバルビザを取得する必要があると知り慌てふためきました。(5年前には無かった!)

その際、ネットの情報全てがめちゃくちゃでどれも当てにならなかったので私の実体験をベースにアライバルビザについて綴ります。

30日以内の滞在を考えている旅行者向けの記事です。31日以上の長期滞在者や就労目的の方は該当しません。

ベトナム再入国時のルールが変わった

2015年1月以前は、14日以内であれば再入国手続きの必要なかったベトナムですが、2018年現在30日以内の再入国時にはアライバルビザを取得しなければならなくなりました。

つまり、再入国に金がかかるのです。

これにより、例えばベトナムから第3国(カンボジア、ラオスなど)に寄ってベトナムに戻ろうとする旅行ルートを楽しむ旅行者を非常に苦しめるルールとなりました。

今回の私もホーチミンからカンボジアに入り、1週間後にホーチミンに戻ってきて苦しみました。

アライバルビザは絶対必要?

結論から言うと絶対必要です。

どこかのサイトにはアライバルビザを取得しなくても行けた!なんて言う記述がありましたが、再度ベトナムから出国する際に突っ込まれるに決まっています。

最悪、拘留される恐れもあるので絶対にアライバルビザは取得しましょう。

アライバルビザ申請に必要なもの

アライバルビザの申請に必要なものは以下の通りです。

必須なのは申請書類(空港に有り)、パスポートと同じサイズの写真(ない場合5ドルで撮影)、パスポート次の旅行先のE-ticket、紹介状/インビテーション(最悪無くてもいけます)。

上記5点(4点)のみあれば私はアライバルビザを発行できました。

写真は5ドルも取られるのが馬鹿馬鹿しいのであらかじめ持っておきたいですね。

アライバルビザ申請にかかるお金

25ドル(+写真代5ドル)です。

vietnam_arrivalvisa_money

45ドルやら50ドルなどと言う情報もあるようですが、25ドルぽっきりで申請できます。

またUSドル縛りがあると言われていますが、私はドンで支払いました。

ドン建だと、600,000ドンです。

アライバルビザ申請手順

アライバルビザの申請手順についてご説明します。

アライバルビザの申請自体は40分くらいで終わります。

ビザ発給の場所へ向かう

入国ゲートの少し手前の左側に【Landing Visa】と言う表示があるのでそちらに向かいます。

いろんな外国人が座っているので一瞬で気がつくと思います。

vietnam_arrivalvisa_place

アライバルビザ申請用紙記入

写真には写っていないですが、左側に申請書類置き場があるのでそこで申請書類を記入します。

vietnam_arrivalvisa_fillin

記入を終えれば、あとは⑤番窓口(indivisual)のところに並びます。

アライバルビザ窓口にて

vietnam_arrivalvisa2

窓口では以下の質問を受けますので、答えられるように備えておくのが良いです。

インビテーションカードはあるか?、何日ベトナムに滞在する予定か?、ベトナムから出国するチケットはあるか?、顔写真はあるか?

ざっくり質問が終わると、椅子で待ちます。

名前を呼ばれて支払い

無事にビザが発給されると、【Casher】で支払いを済ませます。

ドルで25ドル、ドンなら600,000ドン。現金のみでクレジットNGです。

 

以上で無事にアライバルビザ発行完了です。

vietnam_visa

まとめ

以下ポイントを整理しておきますね。この記事を読んだ全ての旅行者がアライバルビザに苦しめられませんように、そんな思いを込めて綴りました。

  • アライバルビザの申請は遅くとも40分で終わる(混雑時を除く)
  • かかる費用は25ドル+写真代5ドル、ドン払いも可能
  • インビテーションカードがなくても大丈夫
この情報は2018年2月時点のものです。

sponsored link