WordPress

Google Adsenseでads.txtの設置アラートを消す方法

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

Google Adsense認定サイト保有者向けに出るads.txt設置アラートの解決方法を紹介します。

毎度出てくるのでウザくて消したいですが、何だか消し方がよくわからんという人のための記事です。

無視しても今の所影響がないですが、今後のことを考えるとヤバそうなので早めに設置しましょう。

 

ads.txtのアラートは結局何?消さないと何がやばいの?

ads.txtとは一言で言ってしまうと、「このサイトはしっかりと公に認定されたホンモノのサイトだよ!」と宣言するためのファイルです。

昨今、似たようなドメインを利用したり、そっくりなサイトを作成して自分たちで広告を作って儲けようとする業者が多いという課題があります。

こういうのアドフラウド(広告詐欺)っていうんですけど、その問題に対応するために認定事業者であることを宣言してもらおうってのがads.txt設置の目的です。

 

これを無視して放置していると、アドフラウドサイトと認識されて収益が落ちたり最悪の場合検索圏外に飛ばされたりとリスクもありそうなので今のうちに対応しておくのが良いでしょう。

 

ads.txtの設置方法

さて、ads.txtの設置方法ですが本サイトには以下のように書かれていますが、ルートディレクトリどこやねん!って方やそもそも直でファイルいじるの怖いって方には少々難易度が高いです。

  1. テキスト ファイル(.txt)を作成します。
  2. ファイル内に次の 1 行を含めます。
    google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

※pub-0000000000000000はサイト運営者ID

 

なので、ここではプラグインを使って一瞬でads.txtを設置できる方法を紹介します。

 

プラグインAds.txt Manager

プラグインの新規追加で「Ads.txt Manager」を検索してください。

見つけたらインストールし、有効化します。

有効化すると、設定の中にAds.txtが現れるのでそれをクリックするとエディターが開きます。

そこに以下の一文を追加し、保存します。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

pub-0000000000000000の部分は、Google Adsenseアカウントの[アカウント]をクリックすると確認できますので、ご自身のIDを入れましょう。

 

設置完了後、約24時間でクロールが完了するらしいので設置アラート文は消えます。

それでも消えない場合はサイトを複数持っていたりして一部のサイトに設定漏れがあったり、コピペミスの可能性が高いのでチェックしてみてください。