2年連続で外資金融ゴールドマンサックスの給付奨学金を貰った話

goldmansachs-eyecatch

sponsored link



世界的に有名な外資系投資銀行ゴールドマンサックス。

そのゴールドマンサックスが特定の大学に返済不要の給付奨学金「ゴールドマンサックススカラーズファンド」を設置しているのはご存知でしょうか?

今年も公募が出ていたので給付申請し、幸運にも2年連続でゴールドマンサックスから奨学金を頂けたのでその話を綴ります。

ゴールドマンサックスとは

ゴールドマンサックスはアメリカニューヨークに本社を構え、世界をまたにかけ金融事業を展開する企業です。

Goldman Sachs ホームページ

その事業内容はメインの投資銀行業務をはじめ、株式や債権などの取引の仲介役やプラベートバンキングなど多岐に渡ります。

金融グループの最大手として有名なのはもちろんのことですが、勤務した場合の年収の高さや日本法人がお金持ちの象徴六本木ヒルズをオフィスに構えていることから就職人気も高い企業となっています。

ゴールドマンサックススカラーズファンドとは

ゴールドマンサックススカラーズファンドとは、ゴールドマンサックスがCSRの一環として学生に返済不要の奨学金を援助しているプログラムになります。

以下、引用ですが学業成績が優れ、家庭が経済的に裕福でない場合応募することが可能となります。

本奨学金は、ゴールドマン・サックスから寄付された資金により、学部学生のうち経済的支援が必要で、学業成績が優秀な方を対象に、有意義な学生生活を送るための修学支援を目的とした給付奨学金です。

私の場合、家庭がそれほど裕福ではなかったため応募条件を満たしていました。

ゴールドマンサックスの奨学金受賞!

こちらが実際にゴールドマンサックススカラーズファンドに採用された時の掲示です。

昨年度は私一人でしたが、友人にもこの奨学金を紹介したら2人とも通過しておりました。

goldmansachs-scholarship1

受験の発表みたいな感じなので、掲示板を見るときはとてもドキドキします。

goldmansachs-scholarship2

また、この奨学金は併願可能だったのでさらっともう2つ申請し、もう1つ別の奨学金を頂けました。

ゴールドマンサックス奨学金の詳細情報

2年連続でゴールドマンサックスの奨学金を頂いているので、その詳細情報についてご紹介します。

昨年、奨学金受賞の際の記事はえ?!あのゴールドマンサックスから完全給付奨学金を貰った!?をご参照ください。

奨学金はいくら貰えるのか

ゴールドマンサックスの奨学金を申請し通過すると、一括で50万円頂けます。

奨学金の中には分割して振り込まれるものが多いですが、ゴールドマンサックススカラーズシップは一括で振り込まれることが特徴です。いきなり口座残高が50万円も増えるのでちょっとびっくりします。

大学生のバイト代が1ヶ月10万円だとすると、バイト5ヶ月分の給与に相当します。下手にバイトをしてお金を稼ぐよりもある程度しっかり勉強して給付奨学金を申請した方がはるかにコスパはいいと思います。

もしこの記事をお読みの方がまだ大学1、2年生であれば今からでも遅くありません。GPAを上げて、給付奨学金に片っ端から申請しましょう。

何人ぐらい貰えるのか

昨年は大学内で私1人、今年は友人含め3人頂けていました。

ただ、奨学生同士で顔合わせができる立食パーティーがあるのですが、そこでは留学生も受賞している方がチラホラいました。おそらく留学生には別の申請枠があるのだと思います。

ですので、日本人がだいたい1〜3人程度。留学生が5人〜10人程度採用されると思われます。

これだけ聞くと狭き門のようですが、宝くじの確率に比べれば屁でもないので出すだけ出しましょう。

応募の季節はいつ頃か

大学にもよりますが、申請期間は9月から11月であることが多いです。

そこから約1ヶ月かけて書類の提出や適正確認面接などを行います。結果は2、3ヶ月くらいで出ますので結果待ち期間は待ち遠しいですね。

採用されるまでの道のり

応募、一次書類選考、面接、採用となります。

応募の時点で足きりがあり、条件を満たしていない学生はバッサリと切られるみたいです。(書類に不備があったり、GPAがあまりにも低いケース)

そこから書類(応募動機や今後のキャリアプランの書類)の一次選考があり、それを通過すれば面接に進みます。

面接ではプレゼン能力が試されます。なぜゴールドマンサックスの奨学金に申請したのか、大学では何を学び、これからの社会でどう生きていくのかをプレゼンします。

それらすべてを滞りなく通過すれば晴れて採用となります。

貰うために必要な具体的な条件

気になるのが、どれぐらいの条件を満たしていればゴールドマンサックススカラーズシップは通るのかということですが、私は昨年提出時が親の年収が世間の平均500万ぐらい、加えてGPAが3.8ぐらいでした。

今年は少し成績を落とし、GPA3.7ぐらいで申請しました。

ただ、一緒に応募した友人はそこそこお金持ち家庭でGPA3.4ぐらいでしたが書類と面接練習を頑張っていたので普通に採用されていました。

なので目安は家庭年収が1000万を超えておらず、GPA3.3以上であれば応募して採用される可能性があると思います。

金銭面以外でのメリット

このゴールドマンサックススカラーズファンドには金銭以外にもメリットがあります。

まず履歴書の賞罰欄に記載することが可能です。就活の時に空欄になることが多い箇所ですが、ゴールドマンサックスから奨学金を頂けるというのは箔がつき良いアピールとなる可能性があります。

学業成績優秀というのを暗にアピールできます。(せこい)

また、上述しましたが奨学生同士の記念パーティーに出席できます。優秀な友人やゴールドマンサックスの採用担当、大学の奨学金部の偉い人達と繋がることもできるので強固な人脈ネットワークを築けます

美味しいお寿司も食べれるので1石5鳥くらいありますね。(本当に美味しい)

優先的にゴールドマンサックスのイベントに参加できるのも魅力ですね。

大学生の皆さんにアドバイス

大学時代私は奨学金マニアと呼ばれるほど、大学の奨学金を調べていました。

特に貸与の奨学金ではなく、完全給付型の奨学金を特に調べ片っ端から申請していました。それでも割いた時間は数時間程度です。

割いた時間は数時間ですが、それで得たリターンは数百万円の給付奨学金です。ゴールドマンサックスさんだけで100万円のお金を頂きました

 

大学生の方がこの記事をお読みであれば、是非伝えたい事があります。

サークルやバイトにのめり込むのもいい経験となりますが、その時間の内1、2時間を自分の所属する大学の給付奨学金を調べる時間に使ってみてください。

面倒臭いかもしれませんが、申請すれば数十万のお金を一気に得るチャンスがあるわけです。

 

また、大学の成績なんか社会で何の役にも立たないなんて言って大学の勉強を疎かにしないでください。

もう少しニュアンスを変えてお伝えすると、どれだけつまらない授業でも成績は絶対に取っておいた方が人生の選択肢は確実に増えます。

交換留学だって申請できるようになりますし、大学の面白い魅力的な授業の抽選も通りようになるし、ゼミだっていいゼミに所属できます。いい事づくめじゃないですか!

 

「大学の成績なんて役に立たないよ」とか言ってる先輩や同期は、中途半端な努力しかしてこなかったがために、大学の成績を有効活用できなかった敗者です。負け犬の遠吠えです。

私は絶対に大学の成績は取っておいた方がいいよ、と仲の良い後輩には口すっぱくアドバイスします。絶対にその方が後輩のためになるとわかっているので!!!(必死)

 

だらだらと何していいかわからない大学生活をサークルやバイトなどに時間を投下しているのであれば、その時間をもっと有意義な時間に変えてみましょう。

これからの大学生活、ひいては幸せなキャリアを歩んでいくために大学ではしっかりと成績を取って、大学の素晴らしい制度を使い倒してみてはいかがでしょうか?

sponsored link