Tips

Mojave/High Sierraアップデートでターミナルエラーが起きた時の対処法

MacをHigh Sierra/Mojaveにアップデートした後、ターミナルでgitコマンドを叩くと見慣れないエラーが発生してびっくりします。

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

どうやらCommandLineToolsへのpathが抜けていることによって生じるエラーなので、それを正すようにxcodeをインストールすれば一発で直るのでその方法をご紹介します。

エラー自体は2分くらいで解決できますので、作業に支障は出ません。

本当にCommandLineToolsのエラーかどうかチェック

まずは、本当にCommandLineTools系のエラーなのかチェックしてください。

バージョン確認系のgit系コマンドを適当に叩くと、パスがないよとmissingを返されるので、以下のような記述が出ればパスエラーなので、このまま解決していきましょう。

git path error

エラー表示が上記のものと違う場合は違うエラーの可能性があるので要注意です。

xcode-select –installを実行し、コマンドラインを正す

次にターミナルに以下のコマンドを入力して、コマンドラインを正すことができます。

xcode-select --install

コマンドを叩くと、インストーラーが立ち上がりますので、「インストール」をクリックすると自動でインストールが始まります。

1、2分でインストールが完了しますので、完了後適当にgit系のコマンドを叩くと以下のようにちゃんとパスが通るように直るので、普通に作業を再開できます。

エラーについてあれこれ

いろんな方のMac環境でこのエラーは散見されるので、これはアップグレードにつきまとうエラーで間違いなさそうです。

ご自身の環境構築が上手くできてないとかではないようなのでご安心を。(私は内心ビクビクしてましたが。)

xcodeのインストール周りについて詳しく突き詰めたい方は本家のFAQをご参考にしてください。

【英語】Apple コマンドラインやXcodeについてのFAQ

※現在は更新されていないっぽいのですが、xcode周りのコマンドとその使用例が結構載ってて面白いです。

▼参考記事

今回このエラーの解決にあたって参考にしたのは以下記事です。世界中のエンジニアが苦しめられてるみたいですね。

Ask Different is a question and answer site for power users of Apple hardware and software. Join them; it only takes a minute: