なべわかし

なべわかしです。六本木ヒルズのとある企業に勤める、象使いです。

東京大学の学祭「五月祭」で本気で収益を狙って出店してみた結果

time 2016/12/08

東京大学の学祭「五月祭」で本気で収益を狙って出店してみた結果

sponsored link

五月祭2日目

五月祭は2日間しか行われない。

この日に全部売りきらないと、大量の牛串を抱えて破産してしまう。

そこで急遽1本500円→2本500円に値下げ。

 

収益は約2/3になるが仕方ない、との判断でした。

 

とにかく売りまくりです。

 

売り子の女子の力、回転率の良さすげてが機能して飛ぶように売れました。

いける!!いけるぞ!!

 

希望の光が見えてきていた。

そんな時に最悪の事件が。

 

ボヤ騒ぎの発生

 

何かと言うと、他のサークル団体が火の扱いを誤り、火事を起こしたというのです。

それも3件も。

 

「おいいいいいい!!!!!ちゃんと前もって火災防止の講習があっただろうがああああああ!!!!!!!何聞いててんアホ!!」

 

全くもって甚だしい迷惑。

全店舗、火を使う店舗の販売がすべて停止に。

 

「このリスクは想定してなかった」

 

火がなければ焼けない。

残り700本というところで、この13時のピークの時間帯に売れないのは痛すぎる。

絶望のあまり私たちはコンビニでパンでも買ってきて売ろうかと思ったぐらいには絶望していました。

 

実行委員会に聞くと、

「現在調査中」

の一点張り。まじか。

 

終わった。

誰もがそう思っていました。

 

 

 

1、2時間後消防の人が見回りに来て店舗を何やら点検している。

消防士「ここは問題ありませんね、よく設定できてる」

 

ん?どういうこと?

消防士「ここの店舗は火事の心配が無さそうなので再開しても大丈夫ですよ。火には気をつけてください。」

 

神。

 

消防士、神。

 

火を使う競合が再開しない中、私たちだけが店舗再開できることに。

完全にブルーオーシャンな寡占市場。

 

いける!

 

アクシデントがあったものの爆発的に売れたおかげで、無事完売することができました。

みんなありがとう。破産しなくて済んだよ。

▼途中で帰ってしまった子もいるが、メンバー写真をパシャり

gyukushi-members

後片付けと集計結果

さてさて、なんとか無事に五月祭を終えて集計をしてみると利益は

373,840円

/586,380円(目標)

 

約40万円。

いろいろ予測不能な事態が起きたがそれなりの金額でまとめることができました。

ガチで準備してもこのくらいなのだからやっぱり商売は難しいなと学びました!

 

何より楽しかったからいいけど。

アフターパーティ開催

さて、出た利益だがこれを一部メンバーで独占するのは良くない!!

というのもみんなの協力なしではここまで出来なかったわけなので、還元しないといけないと思ったわけです。

 

というわけで

打ち上げと称して一晩で利益を散らす遊びで散財しました♨︎

party night

 

みんなハッピーでみんなが幸せになれました。

もしも所属しているサークルがあるなら、一度本気で収益アップを目指してやってみるととても面白いですよ!

 

それでは。

        

sponsored link

down

コメントする




おもしろい系

バイト体験談

世間話



sponsored link