なべわかし

なべわかしです。六本木ヒルズのとある企業に勤める、象使いです。

え?!あのゴールドマンサックスから奨学金を貰った!?

time 2016/12/08

え?!あのゴールドマンサックスから奨学金を貰った!?

sponsored link

ゴールドマンサックスから奨学金を貰える!?

この度、なべわかしが光栄なことに、ゴールドマンサックス様から奨学金をいただくことができました。

ゴールドマンサックスといえば、外資金融の中でも知名度が高く年収が非常に高いことでも有名な企業です。

ゴールドマンサックスHP

 

そんなゴールドマンサックスが提供する奨学金ですが、

正式名称は「ゴールドマンサックススカラーズシップ」というもので、大学の指定給付奨学金というジャンルの奨学金になります。

せっかくの機会なので一体どうやってゴールドマンサックスの奨学金をいただくことができたのか、また奨学金をいただくことのメリットなどをご紹介していきます。

 

gs- Scholarship2 gs- Scholarship1

ゴールドマンサックススカラーズファンド奨学金とは

ゴールドマンサックスという世界的にも非常に有名な金融系企業が保有するファンドが、学業優秀かつ経済的支援が必要な大学生に対して年間50万円以上の給付を行ってくれるという非常にありがたい奨学金制度です。

 

さすがは外資金融。

貸付ではなく完全給付してくれるところが男前すぎます!

 

このゴールドマンサックスの奨学金ですが、一般的な奨学金に比べて、おそろしいほど条件が良いというのが特長です。

ゴールドマンサックス奨学金のここがイイ!

①50万円の使い道は自由!

一般的に企業からいただく奨学金の多くは、奨学金の使用用途の報告の義務のあるものが多いですが、当該の奨学金の使い道は全くの「自由」となっています。

そんなことをしたらお金を遊びに使ってしまうのでは?と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、この奨学金を申請していただくためには、書類選考や面接なども実施される徹底ぶりなので、奨学生は厳しく選別されます。

よって選抜された生徒はしかるべき目的のために奨学金を使うだろうと、信頼されて奨学金を投資されているのです。

私ももちろん、しかるべき目的のために奨学金を使わせていただく所存です。

②返済しなくてもいい!

学生の奨学金といえば、有利子貸与や無利子貸与などの貸付の形態をとることが多いですが、このゴールドマンサックススカラーズファンドには返済の義務がありません

したがって、授与された瞬間に50万円は借金ではなく、貯金になるわけです。

稼ぎの少ない学生にとってこんなに良い破格の条件は滅多にありません。

③大学の奨学金のセレモニーや食事会に呼んでもらえる!

実は、奨学金を授与された学生のみが参加できるセレモニーが存在します。

そういったセレモニーに堂々とした顔で参加できるも魅力のうちの一つとなっています。

また、そういう場ではいろんな企業の重役の方や著名な教授との交流を持つことも可能ですので、積極的に関わり合いを持っておくと今後何か困りごとがあったり、ビジネスを進めていく上で協力が必要になった時には、強い人脈が築けるかもしれません。

ちなみに食事会の寿司はなかなかに美味しいです。

④履歴書やESの賞罰欄に、受賞履歴として書ける!

一般的に、履歴書やESの賞罰欄は空欄になりがちですが、奨学金を受賞することにより記入する内容ができるため、空欄に比べると少しインパクトを出すことが可能です。

奨学金を得ること=成績が優秀である、とみなされることもあるためゴールドマンサックスの奨学金に限らず、賞罰欄には記載することをお勧めします。

さて、ここまで奨学金のメリットを見てきたが、申請しないほうが勿体無いと思えるくらい破格の条件であることはお分かりいただけたでしょうか。

では一体どうすれば、この奨学金が手に入るのかについて綴っていきます。

どうやったら貰えるの!?

大学にはGPAという、成績の良し悪しを示す指標が存在します。

そのGPAをある一定の基準値を維持していれば奨学金の申請条件を満たせます。

GPAGrade Point Average)とは、各科目の成績から特定の方式によって算出された学生の成績評価値のこと、あるいはその成績評価方式のことをいう。 欧米の大学や高校などで一般的に使われており、留学の際など学力を測る指標となる。 日本においても、成績評価指標として導入する大学が増えてきている。

Wikipediaより

GPAの算出方法に興味のある方は、以下のページにて算出できるので是非算出してみてください。

http://www.otaru-uc.ac.jp/hkyomu1/gpa/GPA2.html

簡単にいえば、とにかく良い成績をできる限り維持することが大切です。

KAGEBOZU運営者の奨学金申請時のGPAは3.7〜3.8ほどであったと記憶しています。

やはり、それなりの金額を無償で投資していただくわけですので、ある程度の努力は必要だと思われます。

成績以外の考査項目は、学習以外であると課外活動が評価の対象となり、長期インターンや学生団体などの活動に精力的に取り組んでいると書類審査の際に加味されるようです。

奨学金を貰うまでの手順

まずは1次審査として書類選考があります。

書類は作文形式で、現在の自分の活動を通じて将来的な自分のビジョンや像を描けているかをチェックする内容でした。

ここはきっちりとした文章で仕上げておきたいところです。

というのも1次審査を通らないと次はありませんので笑

 

いかに自分が現在の活動に注力できているか、それと同時に将来の目標から現在の活動はズレてないか、などに気をつけていれば通過は容易でしょう。

次に1.5次とも言える、奨学金を希望する動機書類の作成

いかに上記の作文が上手くとも、お金をいただく正当な理由がなければ当然のごとく落ちます。

適切に現状を伝える文章力、奨学金を得るのに値する状況が必要となります。

そして最後に面接

ここまでくれば大丈夫でしょう。

面接官は作文、および動機書類に関して質問をしてきます。

面接前に一度文章を見返しておくのは必須でしょう。

 

東京大学ゴールドマンサックススカラーズファンド

東京大学を筆頭に慶應、早稲田など上位大学を中心にHPがあるようです!要チェック!

 

奨学金に興味を持ったあなたへ

奨学金はあなたの大学にも設置されているはずです。

4月、9月の半期に分けて冊子が配布されることが多いので、その情報はすかさずチェックしましょう。

もしかすると、GS以外にもOBOG様が母体の好条件の奨学金があるかもしれません。

 

給付型の奨学金であればダメ元でも必ず申請はしておきましょう。

今回の私のように幸運が舞い込んでくる場合もあるので、モノは試しです!!!

        

sponsored link

down

コメントする




おもしろい系

バイト体験談

世間話



sponsored link